アレルギー膠原病内科(リウマチ・膠原病内科)の紹介 診療実績 Record

医療体制を拡充し、常時20症例以上の専門的な入院医療

当科は2014年8月に日本医科大学付属病院に開設された新しい診療部門です。近隣地区の医療機関からの御紹介および地域連携のおかげで、2018年度からは診療医員をさらに充実させ、常時20症例前後の入院診療を行っています。当科はリウマチ膠原病疾患の診断・初期治療をはじめ、その合併症・難治例の治療や、他の医療機関からの専門的な治療の要請に応じております。

他科・他機関と連携し、患者さんの全身をケアする医療

一方、リウマチ膠原病疾患では呼吸器、循環器、腎臓、神経、消化器、血液、皮膚、骨関節など全身に障害をきたすため、専門診療科にコンサルトすることも数多くありますが、日本医科大学付属病院は院内の連携が大変スムーズであり、患者さんご本人にとって良質の医療サービスを受けられる点で何よりの強みです。当科では、他の医療機関とも、院内診療科ともますますの緊密な連携を構築して参ります。

入院患者数の推移

(※)2018年5月14日時点

入院症例の内訳

2016 2017 2018※
関節リウマチ 19 33 11
強皮症 24 22 5
全身性エリテマトーデス 11 14 5
皮膚筋炎 5 12 12
顕微鏡的多発血管炎 7 12 4
Behçet's病 4 8 0
シェーグレン症候群 9 5 1
成人スチル病 4 5 3
CPPD沈着症 2 5 1
リウマチ性多発筋痛症 3 4 1
混合性結合組織病 4 3 3
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 3 3 0
リウマチ性血管炎 3 3 0
肺動脈性肺高血圧症 0 3 1
抗リン脂質抗体症候群 2 2 0
結節性多発動脈炎 5 2 2
RS3PE症候群 2 2 0
再発性多発軟骨炎 3 2 0
巨細胞性動脈炎 2 1 2
強直性脊椎炎 2 1 0
乾癬性関節炎 2 1 0
IgG4関連疾患 6 1 0
キャッスルマン病 1 1 0
多発血管炎性肉芽種腫症 0 0 1
SAPHO症候群 0 0 1
免疫介在性壊死性筋症 0 0 1
その他 28 18 4
総数(人) 151 163 57

(※)2018年5月14日時点