アレルギー膠原病内科の研修・入局案内 大学院(医学博士課程)への進学 Graduate School

当科では、研究業績の通り、自己免疫や線維化などの基礎的研究から、診療の現場で求められる臨床検査法の確立やリウマチ膠原病疾患に関する新規バイオマーカーの検索など臨床に近い研究まで幅広い研究を行っております。現在、当科では研究テーマの通り、さまざまな研究が大学院生を中心に進行しております。研究テーマは与えられるものではなく、日常診療の中から醸成されるものです。リウマチ膠原病疾患では未だ原因・治療が究明しえていない疾患が数多くあります。当科はリウマチ膠原病疾患の病態解明に挑戦したい若手医師を大いに歓迎致します。なお、内科専門医制度およびリウマチ専門医制度のことが気になる若手医師の方もおられると思いますので、担当(桑名・小林)が御相談に預からせて頂きます。

【担当】   桑名、小林
【連絡先】 rheum@nms.ac.jp