アレルギー膠原病(リウマチ)内科トップアレルギー膠原病内科の研修・入局案内 > 内科専攻医(リウマチ・膠原病内科)プログラム

アレルギー膠原病内科の研修・入局案内 内科専攻医(リウマチ・膠原病内科)プログラム Program

内科専攻医(リウマチ・膠原病内科)プログラム

日本医科大学付属病院では、日本内科学会内科専門医制度に沿った内科専攻医研修プログラムが実施されております。当科では、サブスペシャリティーとしてのリウマチ・膠原病内科診療を修練しつつ、総合内科専門医にふさわしい診療能力を修得できるよう臨床指導を行っております。なお、日本医科大学付属病院における内科専攻医プログラムに関しては日本医科大学臨床研修センター「専門研修(後期)」 https://rinken.nms.ac.jp/をご参照ください。

専攻医1年次 日本医科大学付属病院リウマチ・膠原病内科(病棟診察)
日本医科大学付属病院内科ローテーション
専攻医2年次 日本医科大学付属病院リウマチ・膠原病内科(病棟・外来診療)
専攻医3年次 当科連携病院での臨床研修
【リウマチ・膠原病内科担当】  小林(医局長)
【連絡先】 rheum@nms.ac.jp

当科の専攻医プログラムの紹介

1日のスケジュール

ある専攻医の1日

専攻医1年次 (研修病院 東邦大学医療センター大森病院)

8:30

グループ内カンファレンス

グループ内の中級医として各入院症例のプレゼンテーションを行うと同時に、検査・治療方針に関して指導医に提案します。

9:30

グループ回診

グループで回診を行います。回診後、当日の検査データのアセスメントを研修医に指導しつつ、上級医とディスカッションし、治療の再評価をはかります。

10:30

予診

当科外来の紹介患者・初診患者の予診を行います。教授をはじめ外来医が当該患者を診察する際、自分も陪席します。診察終了後、外来医よりアセスメントを受けます。自分の膠原病診察の成果を実践できる場でもあり、上級医より診察のフィードバックを受けることができるので、勉強になります。

11:00

関節エコー

関節リウマチが疑われる患者が受診した際、上級医の指導のもと関節エコー検査を行っています

午後

新入院患者のアセスメント・文献検索

新入院患者の診察・検査のアセスメントをしつつ、文献検索を行い、確定診断・治療方針を検討します。問題症例の場合、教授に診断・治療方針に関して相談します。

夕方

夕方グループ病棟回診

問題点や治療方針の再確認を行います。当科では上級医のみならず准教授も積極的に病棟診療をサポートしてくれるので、症例の疑問点を気軽に相談でき、また適宜、参考文献を紹介してもらえるので、自分の経験不足を補うことができます。再度、自分で振り返り、その日の業務は終了となります。

週間スケジュール

Presentationは『道場』

専攻医1年次(研修病院 日本医科大学付属病院)

当科でプレゼンテーションをする機会は2回あります。1つは月曜日朝の新患プレゼンテーション、もう1つは水曜日朝の全症例プレゼンテーションです。プレゼンテーションは『道場』みたいな感じで、教授に挑むという『真剣勝負の場』となっており、自分の番になると緊張が走ります。プレゼンテーションが終わると、「あれだけプレゼの準備をしたのに・・・。今日もダメだった」とヘコむのですが、回診の際に教授から「先生、あの所見はね・・・」と指導して頂けます厳しさの中にも愛情がある、それが当科の研修だと思います。

  Jounal Club

当科では、月曜朝にJournal Clubを開催しております。担当は若手医師で、ジャンルは診療での疑問を解決する論文を中心としております。Journal Clubでは、ただ論文を紹介するのではなく、『自分が著者だったら、どのようにプレゼンテーションをすべきか』ということを意識しながらプレゼンテーションをするよう指導も行っております。

2018.5.14

国内多施設前向きコホートによるANCA関連血管炎の再発危険因子の同定
Hara A, et al. J Rheumatol 2018;45: 521-528.

2018.5.7

抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の臨床的特徴
Albayda J, et al. Semin Arthritis Rheum 2018; 47:552-556.

2018.4.23

TNF阻害薬不応性乾癬性関節炎に対するトファシチニブの有効性
Gladman D, et al. N Engl J Med 2017; 377:1525-1536.

2018.4.16

免疫チェック阻害薬に関連したリウマチ性疾患
Kostine M, et al. Ann Rheum Dis 2018; 77:393–398.

2018.4.9

MTX休薬によるインフルエンザワクチンの免疫原性の向上
Park JK, et al. Ann Rheum Dis 2018; 0:1–7.

  Case Conference

当科では、水曜夕方にcase conferenceを開催しております。case conferenceを通して症例を掘り下げると同時に、学会発表への機会としております。

  リウマチ膠原病 Kursus

当科では、水曜夕より若手医師向けのKursusを開催しております。担当は教授、准教授をはじめ当科スタッフが専門分野を中心に各テーマを解説します。当科ではKursusを通して若手医師のリウマチ膠原病診療のスキルアップを図っております。

岳野 関節リウマチの鑑別診断
桑名 膠原病診療の基本 (診断編)
五野 関節リウマチに併発する肺病変のマネジメント
白井 強皮症の診療
小林 ループス腎炎の腎病理組織の見方
桑名 膠原病診療の基本 (治療編)